MENU

借金を債務整理→知っておきたい今後のデメリット

司法書士などに相談をして借金を債務整理をすれば、返済が楽になりますから非常に魅力的なのですが、デメリットとして今後はいくつか不便になることもあります。その一つが、新たにローンを組めなくなることです。金融機関は、約束通りに返済をしなかった人の情報を共有する仕組みを持っています。一度返済をしなかった人に対して新たに貸し出すことはありません。ですから、今後、新たに借金を使用と思ったとしても、審査落ちになる可能性は非常に高いと言えるでしょう。まともなところから借りることはできなくなります。

 

このような情報共有は銀行や消費者金融などの貸金業者だけではなく、信販会社も参加しています。信販会社とは、分割払いや、あるいはクレジットカード決済などのサービスを提供している会社です。ですから、整理することによって分割払いができなくなったり、あるいはクレジットカードを作ろうと思っても作ることができなくなったりすることもありますから注意が必要です。

 

過払い請求の場合にも、多くの場合にはこのようになるのですが、任意整理をせずに過払い請求だけを行った場合は例外的に問題はありません。

 

このように不便になることもありますが、今後は借金をしなければ良いと割り切れば問題はありません。逆に、意志の弱い人なら、借金ができない状態の方が良いかも知れません。また、クレジットカードが作れないと何かと不便になると考える人がいるかも知れませんが、デビットカードを用いることでこれも解決できます。