MENU

借金を放置し続けたらどうなりますか?

借金を放置していると、まずは延滞という契約違反になるので、信用情報に傷がつきます。延滞が3ヶ月以上続くと、強制解約をされる可能性が高くなります。また、信用情報ブラックリストにも載ってしまいます。強制解約をされると、分割払いの権利も失いますので、借金を一括で返済しなければならなくなります。それも放置していると、裁判所に訴えられて、給与口座を差押えられたり、マイホームや自動車などの財産も差押えられてしまいます。給与口座を差押えられると会社にも迷惑がかかります。

 

借金問題は放置をすればするほど問題は深刻化していきます。なるべく早めに解決してしまうことが、デメリットを少なくするためのコツです。具体的には、法律事務所に債務整理などの相談をすることです。最近の法律事務所は相談だけならば無料で受けてくれるところも多いです。まずは電話をして状況を伝えてみましょう。

 

弁護士に相談をすると、費用がかかることを心配する人が多いですが、基本的にはメリットのほうが大きいようになっています。弁護士費用が借金以上の負担がかかるものだったらだれも利用しないでしょう。きちんとメリットはあるので安心をしてください。

 

多くの場合、任意整理で解決をしてしまえます。しかし、問題が深刻化している場合には、自己破産をしなければならないこともあります。自己破産をすると資産をすべて失う上、およそ5年〜10年もの長い間、ローンなどの審査に影響します。問題への対処は、早ければ早いほどデメリットが少なくてすみます。