MENU

債務整理をするとどの様なメリットがありますか?

借金の整理を行うことができる債務整理を行うと、どのようなメリットがあるのでしょうか。
債務整理は司法書士などに依頼して行ってもらうケースがほとんどです。委任状を債権者に発送し、債権者が受け取った時点で司法書士などが債務整理を依頼した人の代理人となるので、債権者からの全ての連絡は本人には来ないようになります。そのため、消費者金融などの貸金業者などから届く葉書や電話での督促がストップします。その後、債務整理の方法によって話し合いを行ったり、裁判を行って借金の利息カットなどの減額や、支払い義務の免責を求めたりすることで、毎月の支払額が大きく減額できたり、支払いを行わなくても良くなります。そのため、毎日「督促が来るんじゃないか」「借金が多くなってしまったけどどうすればいいんだろう」という不安感を抱えなくて済みます。また、消費者金融などからお金を借り入れている場合、その期間が長期間になると本来定められている利息よりも多額の利息を支払ってしまっている可能性があります。それを過払いと良い、支払いすぎた利息の返還を求めることも可能です。それにより債務自体がなくなったり、お金が手元に戻ってくる可能性もあります。
一人で悩んでいても解決は難しいものです。現在は相談は無料というところも多くありますので、1つのところに決めてしまわずに、複数の事務所に相談してどうすれば自分にとって一番良い方法なのかを探って行くことが重要です。